今夏のマーケットで大きな存在感を示したサウジアラビア。クリスティアーノ・ロナウドやカリム・ベンゼマなどフリーの選手だけでなく、移籍金を支払っての取引も多かった。

ネイマールやルーベン・ネヴェス、ファビーニョ、アレクサンダル・ミトロヴィッチ、リヤド・マフレズなどが高額で買われ、サウジアラビアリーグの各クラブからは総額9億ユーロに迫る(およそ1419.1億円)支出が行われた。

ただ『Guardian』の報道によれば、現在これらの取引について欧州クラブ協会の総会で懸念の声が上がったようだ。

なぜかと言えば、UEFAにおいてはライセンスを獲得するために移籍金は支払い期限を守る必要があり、それを破っていれば厳しい罰則が与えられる。

ところがこれはあくまで欧州の中での話であり、それ以外の地域で行われる取引においては支払い期限を守らなくても大きなリスクがなく、争うにはFIFAに訴えて法的措置に出るしか方法がない。

【関連記事】サウジアラビアが「最も高い移籍金を支払った選手」トップ10

そのため欧州クラブ協会の総会では、これらの移籍金が予定通りに支払われなかった場合に何らかの影響力を発揮できる保証を求める声が大きかったという。

【厳選Qoly】EURO2024、スペイン代表から漏れた「驚きのスター5名」