スコットランド代表DFキーラン・ティアニーは、アーセナルからレアル・ソシエダへのローン移籍が決まった。期間は1シーズンになる。

彼はアーセナルMFマルティン・ウーデゴールにこの移籍を相談していたようだ。

移籍後に「彼とはたくさん話したよ。ファンは素晴らしいし、みんな大歓迎してくれると言われたよ。ここが気に入るはずだともね」と話していた。

【関連記事】冨安健洋の年俸はいくらなの!アーセナルで給料が最も高い5人(2023年最新版)

ウーデゴールは2019-20シーズンにソシエダでプレーした経験があり、ティアニーに移籍を勧めていたようだ。今後、ティアニーと久保建英との共演も注目されそうだ。

【厳選Qoly】2024年Jリーグ、欧州から見た市場価値が最も高い日本人9人

★ 久保建英が決めた!海外日本人選手の最新ゴールはこちら ★