バルセロナのスペイン代表MFペドリが負傷し、今後1ヶ月以上の離脱になるようだ。

若くしてバルセロナで中心選手になり、スペイン代表でも欠かせない存在となったペドリ。しかしデビューイヤーで信じられないほどの試合に出場した影響か、それ以降継続的な怪我に悩まされている。

今季は13日のヘタフェ戦、20日のカディス戦と開幕から出場可能な状況になっていたものの、再び怪我での離脱を経験しなければならなくなったという。

怪我は右太もも四頭筋の損傷であるとのことで、離脱期間はおよそ4週間から6週間となる。

そのため少なくともこのあとのビジャレアル戦とオサスナ戦、さらにスペイン代表でのインターナショナルマッチ(ジョージア戦、キプロス戦)を欠場することになりそうだ。

【関連記事】バルセロナの「8番」を着けた9名、最高から最悪

9月17日のベティス戦もおそらくプレーするのは難しいとのことだが、24日のセルタ・デ・ビーゴ戦では復帰する可能性もあるとか。

【厳選Qoly】日本代表、「呼んでほしいが呼ばれたら驚き」な国内の5名

日本人がケチャドバ!海外日本人選手の最新ゴールはこちら