いよいよ今週開幕するスペインのラ・リーガ。

昨季王者のバルセロナは開幕戦、13日(日)にアウェイでヘタフェと対戦する。

連覇を目指す彼らだが、ホームスタジアムであるスポティファイ・カンプ・ノウの改修計画「エスパイ・バルサ」がこのオフにスタート。

今季は使用することができないため、1992年バルセロナ五輪のメイン会場であるエスタディ・オリンピック・リュイス・コンパニスを間借りする。

8日に行われたジョアン・ガンペール杯のトッテナム戦でついにバルサのホームとしての姿がお披露目された。

陸上トラックがあった部分はクラブカラーをベースに配し、両ゴール裏にはバルサのエンブレムを描かれている。収容人数は55,000人ほどだ。

おそらく20日(日)に行われるカディスとのホーム開幕戦もこの仕様になるのではないかと思われる。

【関連記事】メッシが「最後にバルセロナでプレーした試合」スタメン11人覚えてる?

なお、ジョアン・ガンペール杯は終盤の連続弾によりバルサが4-2でトッテナムに勝利している。

【厳選Qoly】イングランド代表の「EURO2024メンバーから漏れた」大物スター5名