昨シーズン、レアル・ソシエダでキャリアハイの好パフォーマンスを見せた久保建英。自身初のCLにも出場する今シーズンはさらなる活躍が期待される。

『Marca』によれば、ソシエダのイマノル監督は久保についてこう話していたそう。

「タケは昨季だけでなく、それ以前から能力、才能、クオリティを見せつけていた。

昨季は素晴らしいシーズンだったが、いまさらそれを見つけるつもりはない。才能に溢れているからね。

彼はハードワーカーでもあるし、サッカーを愛し、サッカーに生きている。とてもよく適応しているよ。

本当に懸命に働いているし、成長している」

新シーズンに向けて久保への期待を口にしていたようだ。

【関連記事】海外日本人、欧州から見た市場価値がこの1年で最も上昇した10選手

ソシエダは13日のリーガ開幕戦でジローナと対戦する。

【厳選Qoly】川村拓夢も!サンフレッチェ広島ユースが輩出した「地元出身」の最高傑作6名