27日、レアル・ソシエダでプレーしていた元スペイン代表MFダビド・シルバが現役引退を発表した。

今季も選手として現役を続ける予定であったが、練習中に前十字靭帯を損傷する大怪我を負ってしまったため、開幕を前に突如スパイクを脱ぐことになった。

そして、それに対して同じレアル・ソシエダでプレーしている日本代表MF久保建英が反応。インスタグラムで以下のように投稿していた。

「昨季ともに戦えたことを光栄に思う。ピッチの中で見せてくれた魔法に感謝している。僕自身もあなたのそばで多くのことを学び、選手として成長することができた。魔法使いがいなくなるのは寂しいよ!」

【関連記事】まだまだいる!「近年頭髪を補強した選手たち」10名

久保建英は以前から同じポジションを務めているダビド・シルバを参考にしていると表明しており、今回の引退も「寂しい」と感じているようだ。

【厳選Qoly】川村拓夢も!サンフレッチェ広島ユースが輩出した「地元出身」の最高傑作6名