アジアサッカー連盟(AFC)は27日、2026年の北中米ワールドカップに向けたアジア2次予選の組み合わせ抽選会を開催した。

2027年のアジアカップ予選も兼ねた今予選。組み合わせは以下のように決まった。

■グループA
カタール
インド
クウェート
アフガニスタンorモンゴル

■グループB
日本
シリア
北朝鮮
ミャンマーorマカオ

■グループC
韓国
中国
タイ
シンガポールorグアム

■グループD
オマーン
キルギス
マレーシア
台湾or東ティモール

■グループE
イラン
ウズベキスタン
トルクメニスタン
香港orブータン

■グループF
イラク
ベトナム
フィリピン
インドネシアorブルネイ

■グループG
サウジアラビア
ヨルダン
タジキスタン
カンボジアorパキスタン

■グループH
UAE
バーレーン
イエメンorスリランカ
ネパールorラオス

■グループI
オーストラリア
パレスチナ
レバノン
モルディブorバングラデシュ

日本が入ったのはグループB。シリア、北朝鮮、ミャンマーorマカオと同組となった。

【関連記事】日本代表、2連勝の6月シリーズで「評価を上げられなかった」5名の選手

北中米ワールドカップのアジア2次予選は、今年の11月から始まる。

【厳選Qoly】パリ五輪直前!すでにプロで“違い”を見せている2028年「ロス五輪世代」の日本人5名