1月にチェルシーに加入したウクライナ代表FWミハイロ・ムドリク。

アーセナルとの争奪戦の末に7000万ユーロ(109億円)の移籍金でシャフタールから獲得したが、17試合で0ゴールに終わった。

ただ、23日に行われたブライトンとのプレシーズンマッチでは見事なゴールを決めている(動画6分15秒から)。

22歳の快足アタッカーは今季こそ本領発揮が期待されている。

ESPNによれば、本人は試合後にこう述べていたそう。

「このゴールのために費やした全ての働きに満足しているよ。

自分のポテンシャルの全てではないよ。たった20%さ。

気分はいいよ、マウリシオ・ポチェッティーノ監督のもとでのプレーはナイスだし楽しいからね。新しチームも楽しい」

まだ、ポテンシャルの2割ほどしか発揮できていないと断言していたようだ。

【関連記事】100億円以上の移籍金で獲得したのに「歴史的大失敗だった6選手」

さらに、この半年は学習期間だったとして、耐え忍ぶことが教訓になったとも話していたとか。

【厳選Qoly】U-23日本代表、パリ五輪でのメダル獲得を左右する「キープレーヤー」5名