今夏マウリシオ・ポチェッティーノ新監督が就任したチェルシー。数多くの選手が放出されており、昨季のチームからは一新された。

そして水曜日にはキャンプ地のノースカロライナ州でレクサムとの親善試合を行ったのだが、そこで起用したスタメン11人がなんと「平均年齢20~21歳」というすごいものだったという。

GKはジェイミー・カミングが務め、最終ラインはマロ・グスト、トレヴォー・チャロバー、バシール・ハンフリーズ、マルク・ククレジャ。

中盤はボランチにチェーザレ・カサデイとアンドレイ・サントス、さらに2列目にはディエゴ・モレイラ、カーニー・チュクエメカ、イアン・マートセンが並び、ワントップにはニコラス・ジャクソンが起用された。

しかもこの試合では21歳のオランダ人イアン・マートセンが2ゴールを決める大活躍を見せ、さらに後半にはギャラガー、エンクンク、そしてチルウェルが追加点。5-0とレクサムに圧勝している。

【関連記事】20日開幕の女子W杯、絶対に注目すべき5名のスター。チェルシー選手の妹も

多くの選手が抜けたことから今季のスタートは難しいとも言われているチェルシーであるが、さすがのポチェッティーノ監督。若手選手をうまく組み込みながらチームを作り上げているようだ。

【厳選Qoly】U-23日本代表、パリ五輪でのメダル獲得を左右する「キープレーヤー」5名