今年1月に現役を引退したギャレス・ベイル。

2013年から2022年まではレアル・マドリーに所属し、世界的スターたちとプレーした。『A Bola』などによれば、そのベイルはレアル時代についてこう話していたそう。

「レアルと契約することに何の迷いもなかった。自分は正しい決断をしたよ。

あのクラブでプレーしたかったし、信じられないような出来事も経験できた。

ただ、ものすごい孤独を感じるようなとても難しい経験もあったけどね。

自分は“銀河系”になりたかったわけではない。ただプレーしたいだけだったし、その後はすぐに消えたかった。

自分が契約した2つの主な理由は、クリスティアーノ・ロナウドとカリム・ベンゼマだった。

彼らとプレーすることだった。他の選手ともね。後ろには、ルカ・モドリッチ、シャビ・アロンソがいて、その後にはトニ・クロースもきた…。

レアルの選手は全員優れていたよ。

クリスティアーノとの関係性がよく話題になるけれど、自分は誰とも問題はなかった。

困難な時期でさえ、ロッカールームは団結していたよ。レアルでは本当に楽しめた」

レアルに移籍した大きな理由は、ロナウドとベンゼマの2人とプレーしたかったからだそう。

【関連記事】最強レアル・マドリー、2010年以降の最強補強トップ10!

ロナウドとは不和も噂されたが、問題は何もなかったとのこと。レアルでは楽しめたというが、孤独を感じたこともあったと吐露していたようだ。

【厳選Qoly】フランス代表、「EURO2024に出場できない6名の招集漏れスターたち」