毎週木曜に『DAZN』で公開されている「内田篤人のFOOTBALL TIME」。

今回は、前回に引き続いての日本代表DF吉田麻也がゲストに出演。仲が良いことで知られている二人が様々なトークを繰り広げた。

そしてこの番組のラストで「次回のゲストは守田英正選手です」と伝えられると、吉田麻也はこんなエピソードを話していた。

吉田「守田はコロナ禍のときにサッカー協会の予算をすげぇ使ってるんですよ。なぜかというと、(当時所属していた)サンタ・クララって島にあるんですけど、日本への直行便はもちろんない。

でもコロナの規制で、試合の3~4日前には日本に入らなければいけない。そのためには試合が終わってすぐに飛行機に乗らなければいけないけど、間に合わない。

だから毎回プライベートジェットで。プライベート、プライベートだったから、「プライベートモリタ」って言われてた。

だからその投資額はまだ回収できていないよ、ということだけ伝えておきます」

守田英正が一昨シーズンまで所属していたサンタ・クララは大西洋に浮かぶアソーレス諸島を本拠地としており、ポルトガルの首都リスボンから1500kmもの距離がある場所だ。

【関連記事】守田英正に続け!流通経済大学サッカー部出身の「最強ベストイレブン」はこれ

温暖な気候が楽しめるリゾート地として親しまれる一方で、移動についてはやはりかなり大変であったようだ。

【厳選Qoly】フランス代表「別の国にルーツを持つ伝説のスーパースター」10名