フランス代表でスペイン1部レアル・マドリーMFエドゥアルド・カマヴィンガのすごすぎるスーパーセーブが話題になっている。

カマヴィンガは6日(日本人時間)に自身のInstagramを更新し、ストーリーで鋭い反応でPKストップする自身の姿を公開した。

友人と思われる人物たちと一緒にシュートストップ練習に興じるカマヴィンガは、3人のシュートを立て続けに止めた。

そのシュートコースはどれも厳しく、圧巻は2本目のゴール隅のグラウンダーシュートを弾き、3本目のシュートでは見事なパンチングでボールを弾き飛ばした。

ストーリーには同僚GKティボー・クルトワに宛てて「魔法のグローブをありがとう」とメッセージを送っていた。

どうやらクルトワからキーパーグローブを借りたのだろうか。すると、クルトワもストーリーでこのメッセージに反応。

クルトワは「ハハハ最高だね」とカマヴィンガへ顔文字付きのメッセージを送っていた。

【関連記事】Jリーグは今後損し続ける!?欧州への期限付き移籍が懸念されるリスクとは

GKの負傷が立て続けに出た際、稀にフィールドプレーヤーがGKを務めることがあるが、カマヴィンガは打ってつけの存在になれるかもしれない。

【厳選Qoly】U-23日本代表、パリ五輪でのメダル獲得を左右する「キープレーヤー」5名