今年で38歳になったクリスティアーノ・ロナウド。

サウジアラビアのアル・ナスルに移籍した後もポルトガル代表に招集されており、2023年に入ってからの代表戦では4試合で5ゴールを叩き出している。

『Record』によれば、盟友だったリカルド・クアレズマもこう述べていたそう。

「(代表チームに)ロナウドの居場所はまだあるか?個人的には彼はまだやれると思う。

誰もが自分の意見を持つ自由があるけどね。

ただ、今の彼は4試合で5ゴールだ。それが多くを物語っているよ」

ポルトガル代表にロナウドの居場所はまだあると感じているとのこと。

【関連記事】もう見られない…2022年W杯を最後に代表を去った世界的スター10人

なお、39歳のクアレズマは昨年夏から無所属となっている。スター選手を爆買いしているサウジへの移籍については、「俺?自分は売り物じゃないよ」と述べていたそう。

【厳選Qoly】EURO2024、スペイン代表から漏れた「驚きのスター5名」