2022年からセルティックでプレーしている日本代表FW前田大然。

主に左ウィングとしてプレーしているが、昨季は全コンペティションで11ゴールを決めた。

ただ、BBCによれば、元セルティックFWケニー・ミラーは満足していないようだ。

かつて中村俊輔ともプレーしたストライカーは、セルティックが補強すべきポジションは左CBとウィングだと見ている。

前田については働き者だとしつつ、ずる賢さとフィニッシュに欠けていると指摘。そのうえで、「右サイドに誰かを入れれば、ジョタを得意とする左に移すことができる」とも述べていた。

【関連記事】三笘がネイマール超えの世界7位!いま世界最強の左ウィング10人

右ウィングを補強して、ジョタを右サイドからから左ウィングに移動させたほうがいいと感じているようだ。

【厳選Qoly】U-23日本代表、パリ五輪でのメダル獲得を左右する「キープレーヤー」5名