J1セレッソ大阪MF香川真司が第18節北海道コンサドーレ札幌戦で今季2得点目を決めた。

3-1の後半31分、C大阪FWレオ・セアラが前線でボールを収め、右サイドへ流れてゴール前に走りこむ香川に向けて敵陣深くで折り返した。

ゴロのクロスを右足ダイレクトで合わせた香川は、札幌GK菅野孝憲の頭上を超え、ループシュートをゴール右側へふわりと落とした。

これで今季リーグ戦2ゴールとなった香川。芸術的なゴールに多くの国内サッカーフリークが沸いた。

サポーターは「これぞ世界のSHINJI KAGAWAやわ」、「ドルトムント時代の香川真司だ」、「ユナイテッドでハットトリックしたやつみたいな形」と熱狂していた。

【関連記事】香川真司も!ドルトムント、11年前の「伝説的な2連覇」優勝スタメン11名

C大阪は勝ち点32とし、暫定4位に順位を上げた(本日午後4時時点)。

【厳選Qoly】「生まれる時代を間違えた」5名のスーパープレイヤー

南野がスーパーゴール!海外日本人選手の最新ゴールはこちら