2014年のワールドカップで大ブレイクしたコロンビア代表MFハメス・ロドリゲス。

吉田麻也が「キュンキュンにやられた」ゴールを決めるなど一気に世界的スターになった。

そんなハメスは31歳になった現在は無所属となっており、新天地を探しているが、日本のスパイクを履いていたぞ。

これは、Mizunoの『モレリア ネオ 3』のはず。

また、ハメスは「Thanks」というコメントとともにミズノへのリンクをつけた画像も投稿。

これは、『ウエーブプロフェシー12』というソールが特徴的なランニングシューズだ。

【画像記事】セルヒオ・ラモスだけじゃない!「ミズノのスパイク」を愛用する“代表級”スター選手たち

Mizunoといえば、セルヒオ・ラモスがシグネチャーモデルのスパイクを発表している。ハメスもMizunoファミリー入りが近いのかもしれない。

【厳選Qoly】サガン鳥栖MF長沼洋一「WBが嫌だった」から始まった武者修行…川井健太監督との出会い、苦節8年目での二桁ゴール(インタビュー)

日本人がケチャドバ!海外日本人選手の最新ゴールはこちら