セルティックで活躍を続けてきた古橋亨梧と旗手怜央。

Jリーグ時代から2人を知るアンジェ・ポステコグルー監督がトッテナムに引き抜かれたことで彼らもプレミアリーグ移籍が噂されている。

『Daily Record』によれば、セルティックの新監督就任が決定的となっているブレンダン・ロジャーズは、主力選手たちの移籍を容認するかもしれないとのこと。

ロジャーズは2016~2019年までセルティックを指揮した経験を持つが、当時こう述べていたという。

「もし選手が5~6倍でプレミアリーグに行けるとしたら、それを止めるのは非常に非常に難しい。

セルティックは、あらゆる面で巨大なクラブだ、歴史、トロフィー、ファンベース、スタジアムなど。

相対的でないのは金。金銭的な面では、明らかに同じではない。プレミアリーグのすべてのクラブと同じ階層にいるわけではないんだ。

だから、それを受け入れなければならない。さらに稼げる選手を引き留めるのは、道徳的に難しいことだと理解しているからだ」

同紙ではこの発言を伝えつつ、ポステコグルー時代の主力選手たちはこの夏の移籍を許可されるかもしれないとしている。

【関連記事】なぜ?日本代表、森保監督が頑なに招集しなくなった5名の実力者

国内3冠を達成したセルティックは、主力MFマット・オライリーにもブライトンへの移籍が浮上している。

【厳選Qoly】予選メンバー外も…まだ「パリ五輪行き」があり得る国内の5名

日本人がケチャドバ!海外日本人選手の最新ゴールはこちら