『DAZN』で毎週木曜に更新されている「内田篤人のFOOTBALL TIME」。

今回はインターナショナルマッチウィークで日本代表チームに選出されたゴールキーパーの中村航輔がゲスト出演した。

そのなかで、内田篤人がゴールキーパーそれぞれの強みについて話をスタートすると…。

内田「シュミちゃん(シュミット・ダニエル)と比べて、自分は何が売りなの?」

中村「基本的にはシュートセーブですね。反応も含めたボールのセーブ」

内田「シュミちゃんの強みは?」

中村「身長を生かしたシュートセーブ…(笑)とかプラスアルファです。ハイボールも強いですね」

内田「権ちゃん(権田)は?」

中村「多分いろんな技術を使った…シュートセーブ(笑)」

内田「全部シュートセーブやん!」

中村「いちばん大事な仕事なんで。基本的にはそれのはずです。ゴールキーパーって。それこそ代表に入るような選手は」

【関連記事】世界で話題のAI「Bard」に、Jリーグで最も偉大なゴールキーパー5人を聞いてみた

近年はゴールキーパーにスイーパー的な役割やビルドアップなど様々な能力が求められるようになっているが、やはり基本的なシュートセーブの部分が最も重要であるそうだ。

【厳選Qoly】イングランド代表の「EURO2024メンバーから漏れた」大物スター5名