セルティックでゴールを量産し、得点王やリーグMVPなどの個人賞を総なめにした古橋亨梧。

その活躍により、日本代表への復帰を果たしている。

セルティックを率いていたアンジェ・ポステコグルー監督がトッテナムに引き抜かれたため、古橋にもスパーズ行きの噂が浮上。

ただ、かつてセルティックやレンジャーズでプレーした元スコットランド代表FWケニー・ミラーはそれに納得していないようだ。BBCによれば、中村俊輔ともプレーしたミラーはこう述べていたという。

「これらのチームが選手採用や特定のプロフィールで見るのは、レベルと年齢だ。

亨梧を獲得するのにどれほどのコストがかかる?

もし、彼が30ゴールを決めるなら、その価値はあるだろう。

だが、彼は22歳ではなく28歳だ。(移籍金という意味で)退団時には何も得られない」

スパーズは古橋を獲得するために2500万~3000万ポンド(43~52億円)の移籍金を用意しているという話もある。ミラーは古橋の年齢的に投資した資金を回収することは難しいと指摘していたようだ。

【関連記事】移籍金高すぎ…プレミアリーグ「今季の大失敗補強」ワースト10

ただ、即戦力として考えるなら、そもそも回収を考えていない可能性もある。

【厳選Qoly】2024年、ヨーロッパで「優勝タイトルを獲得した日本人選手」15名

日本人がケチャドバ!海外日本人選手の最新ゴールはこちら