セルティックの国内3冠に大貢献すると得点王や年間MVPなどを受賞した古橋亨梧。

アンジェ・ポステコグルー監督が引き抜かれたトッテナムへの移籍が浮上している。

かつてリヴァプールなどでプレーした元イングランド代表FWスタン・コリモアもそれを後押しした。

『Mirror』で「ハリー・ケインとソン・フンミンに永遠に頼ることはできない。彼らにはいくらかのスピードやバイタリティが必要だ。セルティックの亨梧は賭けてみる価値がある」と指摘していたという。

スパーズの大エースであるケインには移籍の噂があるほか、彼の相棒であるソンも30歳になった(古橋も28歳だが)。

【関連記事】プレミアリーグに「来ないほうが良かった」10名

『The Scottish Sun』でも、ポステコグルー監督のトッテナムが獲得するべき5人の選手のひとりに古橋を指名している。「28歳の古橋は指揮官のシステムに違和感なく馴染むだろう。プレミアリーグ移籍は断りがたいはずだ」としているが、果たして。

【厳選Qoly】予選メンバー外も…まだ「パリ五輪行き」があり得る国内の5名

日本人がケチャドバ!海外日本人選手の最新ゴールはこちら