UEFAチャンピオンズリーグ決勝の舞台で対峙するマンチェスター・シティとインテル。

シティFWフリアン・アルバレスとインテルFWラウタロ・マルティネスはアルゼンチン代表ではチームメイトという間柄だ。

そうしたなか、ラウタロは前日会見でこんな話もしていた。

「フリアン・アルバレスとは連絡をとっていなかったけれど、自分は最近結婚して、彼も招待したんだ。

残念ながら、彼は出席することができなかった。それが彼との最後のやり取りさ」

結婚式に招待したものの、アルバレスは出席が叶わなかったとのこと。

また、ラウタロは「シティが非常にタフなチームであることは分かっている。僕らはハードワークして、相手ができることを打ち消す準備は整っている」ともコメント。

【関連記事】ラウタロvsハーランド!いま世界世界で最も強いストライカー10人

そのうえで、2010年のCL決勝で2ゴールを叩き出し、インテルにビッグイヤーをもたらしたディエゴ・ミリート(アルゼンチン代表の先輩)のようになりたいとの意気込みも口にしている。

【厳選Qoly】フランス代表「別の国にルーツを持つ伝説のスーパースター」10名