2010年以来のUEFAチャンピオンズリーグ優勝を目指すインテル。

当時の優勝メンバーのひとりであるヴェズリー・スナイデルが、かつてのチームメイトたちの秘話を明かした。

『A Bola』によれば、まだ20歳前後だった若手FWマルコ・アルナウトヴィッチは、レストランでのデートのために先輩サミュエル・エトーに車を貸して欲しいとお願いしたそう。

すると、エトーは15万ユーロ(2251万円)以上するベントレーの鍵を手渡してくれた。だが…

ヴェズリー・スナイデル

「エトーはとんでもない車をたくさん持っていた。アルナウトヴィッチはそのうちのひとつをおねだりしたのさ。

その日のレストランにいた男は彼にキーを要求してね…」

アルナウトヴィッチはレストランのドアマンだと思って、男にベントレーのキーを渡してしまったとか。

【関連記事】ウイイレでお世話になった「インテルのスター選手」ベスト11

だが、それは完全な勘違いで、その男は車に乗って逃げ去り、今に至るまでベントレーは返ってきていないそう。

【厳選Qoly】サガン鳥栖MF長沼洋一「WBが嫌だった」から始まった武者修行…川井健太監督との出会い、苦節8年目での二桁ゴール(インタビュー)

日本人がケチャドバ!海外日本人選手の最新ゴールはこちら