レアル・マドリーは5日に行われたリーガ最終節のアスレティック・ビルバオ戦に1-1で引き分けた。

後半27分にはこれがレアルでのラストゲームになるカリム・ベンゼマがPKでラストゴールを決めている。

この日はベンゼマだけでなく、マルコ・アセンシオ、エデン・アザール、マリアーノにとってもレアルでの最後の試合。

試合後にはベンゼマらは選手たちから胴上げをされるシーンもあった。

ベンゼマにはレアルのチームメイトたちからSNS上で多くの惜別メッセージが多く送られている。

トップチームでの練習参加で何度かともにプレーした中井卓大も「leyenda(スペイン語でレジェンド)」というメッセージに王冠とハートの絵文字を添えたメッセージを送った。

【動画】中井卓大、ベンゼマに捧げたアシストシーン

試合後、カルロ・アンチェロッティ監督は「私は世界最高の選手のひとりを指導した。ストライカーというだけでなく、完全な選手として。彼は偉大な人間だ。親切で謙虚で真面目。(退団は)嬉しいはずはないが、リスペクトしなければいけない。彼は伝説的なことをやってのけた。忘れることができないことを。今朝、退団を伝えられた。私は彼がやってくれたこと全てに対する敬意を示した」とベンゼマの功績を賞賛していた。

ベンゼマはサウジアラビアへの移籍が噂されており、クリスティアーノ・ロナウドに相談したとも伝えられているが、果たして。

【厳選Qoly】イングランド代表の「EURO2024メンバーから漏れた」大物スター5名