『DAZN』で毎週木曜日に更新されている人気プログラム「内田篤人のFOOTBALL TIME」。

今回はベルギーリーグのシント=トロイデンでプレーしている橋岡大樹と林大地をゲストに迎えての第2回放送。

その中ではお互いのことについてどれだけ知っているのかというテーマで、質問に対して答えを二人で合わせるというクイズコーナーが行われていた。

そして「オリンピックのメンバーで最もクセがある選手は?」という問いに対して両者は同じ「田中碧」と回答。そしてそのあと、橋岡は林大地が見せたクセのある行動について話していた。

橋岡「オリンピックの時、みんなでご飯を食べてたんですよ。各自で取りに行って、取った分だけ食べて、食べ終わったら帰っていいという。

僕らはみんなで喋っていたんですけど、大地くん(林大地)が食べ終わって帰っていったんですよ。

そうしたら、大地くんのテーブルにめっちゃ残ってるんですよ。『なんでこんなに残ってんの…』って見てみたら、ご飯が二杯残ってて。

ニ杯とって一杯残ってるならわかるんですけど、ニ杯とってニ杯とも残ってるんですよ(笑)。

大地くんに『これどうしたの?』って聞いたら、『ボケててニ杯取っちゃった』と。それを食べきれなくてニ杯とも残したと。これはクセだなと」

林「普段はちゃんと食べてるんですけど、疲れてたのか…。『あ、白ご飯ないわ』って持ってきたら、ニ個テーブルに乗ってて『食べられへんな…』って。

あとでマヤさん(吉田麻也)からグループラインで『これは誰だ、残し過ぎだ』って言われたんで、ヤバいと思って『それ僕です、ボーッとしてて白ご飯ニ個取って。すみませんでした』って書いて。

そうしたら『それはしょうがないな』って」

【関連記事】伊藤涼太郎が大ブレイク!岡山・作陽高校出身で「J1で爪痕を残した」4名の選手

食事の際に白ご飯を複数とってきて残す…といううっかり行動であったそう。クセというよりも天然のような気がするが…。

【厳選Qoly】「生まれる時代を間違えた」5名のスーパープレイヤー

南野がスーパーゴール!海外日本人選手の最新ゴールはこちら