10日に行われたレアル・マドリー対マンチェスター・シティのUEFAチャンピオンズリーグ準決勝1stレグは1-1の引き分けとなった。

前半36分にヴィニシウス・ジュニオールのゴールでレアルが先制するも、後半にケヴィン・デブライネの弾丸シュートでシティが同点に持ち込んでいる。

この日もレアルは4-3-3の左サイドバックにエドゥアルド・カマヴィンガを起用。後半からは左インサイドハーフのルカ・モドリッチと何度かポジションが入れ替わるシーンがあった。

試合後、モドリッチはこう話していた。

「僕らはハーフタイムに修正すべき点があった。

監督はもっとボールを持って、クリエイティブになることを求めた。

だから、カマヴィンガをより頻繁に中盤に押し上げることにしたんだ。それがうまくいった」

カマヴィンガの本職はMFであり、いわゆる偽サイドバックとして振る舞っている。

彼をより高い位置でプレーさせるため、モドリッチはカバーとして左サイドバックの位置に入ることが散見された。

【関連記事】冨安健洋の代役も!いま世界最強の右サイドバック10人

実際、カルロ・アンチェロッティ監督も「カマヴィンガがサイドバックなのは、ボールを持っていない時だけだ。ポゼッション時にはかなり前に出てくる、まるでMFのようにね。彼はサイドに張ってプレーするサイドバックではない。左ウィングにヴィニシウスがいるので理にかなったことだ」と説明している。

試合後にはシティのジョゼップ・グアルディオラ監督も「彼らは左でかなりパス回しをしていたし、あそこが本当によかった」と指摘していた。

【厳選Qoly】U-23日本代表、パリ五輪でのメダル獲得を左右する「キープレーヤー」5名