フランクフルトを今季限りで退団する日本代表MF鎌田大地。現在、争奪戦でポールポジションに立っているのは、ベンフィカのようだ。

鎌田はドルトムントが提示した年俸600万ユーロ(9億円)の5年契約を断ったとされている。

『Bild』によれば、鎌田は(ドイツ国内なら)バイエルン・ミュンヘンへの移籍にしか興味がなかったそうで、そのためリーグ内での移籍は白紙になったという。

そして、国外で最も強い関心を示してるのはベンフィカ。

『A Bola』によれば、ベンフィカのマヌエル・ルイ・コスタ会長も獲得を熱望しており、鎌田を引き入れるための金銭的努力も惜しまない構えだそう。

【関連記事】チートすぎ…最強バイエルンが「0円」で獲得した10人のスター

ベンフィカは是が非でも鎌田を獲得したいようで、ドイツでもポルトガル行きが有力視されているようだが…。

【厳選Qoly】アジアカップ後の2024年Jリーグ「要チェック」の5人

★ 久保建英が決めた!海外日本人選手の最新ゴールはこちら ★