かつてマンチェスター・ユナイテッドでマッサージ士を務めていたロッド・ソーンリーが、クリスティアーノ・ロナウドの驚愕エピソードを暴露したようだ。

『The SUN』によれば、ロッド・ソーンリーは今回『Undr The Cosh』というポッドキャストに出演し、2009年に起こった出来事について話したとのこと。

それによれば、ロナウドは当時リアリティTVの「Xファクター」に出演していたプッシーキャット・ドールズのキンバリー・ワイアットを狙っており、その電話番号を聞いてきたとのこと。

ロッド・ソーンリー

「3月か4月になって、クリスティアーノ・ロナウドがすでにレアル・マドリーへ行くことはみんなわかっていたんだ。

『Xファクター』が話題になっているとき、ロナウドは私に『この女の子は誰なんだ?』と聞いてきたよ。

それはプッシーキャット・ドールズのキンバリー・ワイアットだった。ロナウドは『彼女の電話番号を教えてくれ』と言ってきた。

ただ私にとっては『それをして私になんの意味があるのか?手を尽くして連絡先を手に入れたとして、その見返りは何もないじゃないか』ということだよ。

するとロナウドは『君は僕の車が好きかい?』と言ってきた。彼は当時ポルシェ・カレラのオープンモデルに乗っていた。

『僕がレアル・マドリーに行くとき、この車を半額で君に売る。それでどうだい?』と言われたよ。私は10分でキンバリー・ワイアットの電話番号を手に入れたさ。

そしてシーズンの終わりが来て、私はロナウドに『契約を覚えているかい?』と言ったよ。

私は6万ポンド(およそ1000万円)のポルシェ・カレラを3万ポンド(およそ500万円)で買ったんだ。そして次の日には6万ポンドで売ったよ!。

文字通り一晩だけ持っていたよ。ロナウドの家に行って、車を受け取って、お金を彼の銀行口座に振り込んで、翌日には売った。そしてモルディヴで素晴らしい休暇を過ごしたよ」

プッシーキャット・ドールズは1995年に活動を開始したアメリカのガールズグループで、キンバリー・ワイアットは2010年まで所属していた初期メンバーの1人。

なお、ロッド・ソーンリーによれば、同じようにロナウドは「Xファクター」に審査員として出演していたダニー・ミノーグというオーストラリアの歌手の電話番号も手に入れたという。

【関連記事】【動画】エムバペ、ハーランド、メッシ、ロナウド、ネイマールの最新ゴール集

ちなmにロナウドとダニー・ミノーグは数回デートしたとのことだが、最終的にはあまりうまくいかなかったとか。

【厳選Qoly】シャビエルが岡山へ加入!?この冬、Jリーグにやって来るかもしれない外国人選手たち