J3のFC今治は19日、2024年4月より「FC今治高等学校 里山校」を開校することを発表した。

報道では、創設116年の今治明徳学園から申し出を受け、今治明徳矢田分校を「FC今治高等学校 里山高」に改称することが伝えられている。

その今治明徳高等学校HPによると、新型コロナウィルスの拡大や気候変動、ChatGPTの登場で社会の状況が大きく変化する時代において、未来を切り開く、世界の歴史を動かすキャプテンシップを持った人材=「ヒストリック・キャプテン」の育成を目指すとのこと。

元日本代表の監督でFC今治の代表取締役会長を務める岡田武史氏が学園長に就任し、プロ野球で活躍した古田敦也氏らを講師として招く予定があるという。

【関連記事】「岡田メソッド」は今…FC今治、矢野将文社長インタビュー

FC今治は以前より岡田氏の主導のもと「しまなみ野外学校」といった教育事業も展開しており、そうした経緯もあって開校に至ったようだ。

【厳選Qoly】EURO2024、スペイン代表から漏れた「驚きのスター5名」