4月8日、ドルトムント対ウニオン・ベルリンのブンデスリーガ上位対決が行われた。

ドルトムントが2-1で勝利した一戦では、こんなユニフォーム交換も話題になっている。

これはドルトムントFWセバスティアン・アレルとウニオンDFティモ・バウムガルトルがともにSNSに投稿したもの(バウムガルトルはメンバー外)。

2人はともに精巣腫瘍から復活を果たした選手。

アレルが精巣腫瘍と診断された後、バウムガルトルは彼を励ます手紙も送っている。当時、彼は「自分にも同じことがあったので、彼に寄り添うのは責務だと思った」と話しており、アレルも「手紙を貰うのは素敵なことだった」と感謝していた。

【関連】日本人も!「ドルトムント、掘り出し物だった『お買い得』ベスト11」

そのバウムガルトルは「癌よ、くたばれ!」とのメッセージも出している。

【厳選Qoly】フランス代表、「EURO2024に出場できない6名の招集漏れスターたち」