フランクフルトとの契約が今季限りとなっている鎌田大地。

『Sky』によれば、バルセロナとアトレティコ・マドリーも獲得に興味を示しているという。

バルサはMFセルヒオ・ブスケツが契約満了で退団する可能性があり、後釜を探している。

鎌田はバルサコーチングスタッフの第一候補でも第二候補でもないというが、移籍金がかからないため候補として見なされているようだ。

チャビ監督が気に入っているのはレアル・ソシエダMFマルティン・スビメンディ。ただ、24歳の彼に設定されている契約解除料やソシエダの要求額からすると、選択肢としてはかなり遠くなったとのこと。

バルサはウルヴスのポルトガル人MFルベン・ネヴェスも検討していたが、チャビ監督は他を好んでおり、彼はマンチェスター・ユナイテッド行きが近づいている模様。

【関連】鎌田もか!バルセロナが0円で獲得した即戦力助っ人8名

鎌田はプレミアリーグだけでなくリーガからも関心を寄せられているようだが、果たして。

【厳選Qoly】パリ五輪直前!すでにプロで“違い”を見せている2028年「ロス五輪世代」の日本人5名