今季のフランス・リーグアンで24試合に出場して12ゴールを決めているモンペリエのFWエリー・ワイ。

キリアン・エムバペに続いて10代の間にリーグアンで通算20ゴールを決めるという記録を達成し、20歳の誕生日を迎えた今季はさらに得点力を高めた姿を見せている。

現在アーセナルやボルシア・ドルトムントが強い関心を持っていると伝えられており、今夏のステップアップが期待されている。

ただ『The SUN』によれば、モンペリエのミシェル・デル・ザカリャン監督は彼のプレーについて以下のように話していたという。

ミシェル・デル・ザカリャン

「彼は20歳で、才能に満ちた少年だ。買うには多くの費用がかかる。最低でも2500万から3000万ユーロ(およそ42.8億円)だ。

テレビの放映権料があれば、イングランド・プレミアリーグのチームは彼を買うことができるだろう。彼らにとってはより簡単だ。

(彼の伸びしろは?)『容積』を高めることだ。もっと多く走らなければいけない。常に動き続けて、努力を繰り返せるポジションを取ること。そのためにはフィットネスが必要で…。

彼はスプリンターだ。とても足が速い。しかし時には45分で足が尽きてしまう。

もっと練習する必要がある。毎日のトレーニングだ。彼がさらに大きなクラブで、さらに素晴らしい選手たちとプレーしたいのなら、一生懸命努力しなければならない。

彼は非常に良いレベルがあるし、かなりの高みに登ることができる。あの年齢で彼がやっていることは素晴らしいが、もっと良くなるはずだ」

【関連記事】 今年「ビッグクラブ移籍するであろうヤングスター」10選手

圧倒的なスピードと決定力がある一方で、運動量などのフィットネス面についてもう少し改善が必要だ…とのこと。

【厳選Qoly】パリ五輪直前!すでにプロで“違い”を見せている2028年「ロス五輪世代」の日本人5名