先日行われたUEFAヨーロッパリーグのスポルティングCP戦で先発出場したものの、前半開始直後に交代を余儀なくされたアーセナルDF冨安健洋。

その後のクラブの発表によれば「右膝に重大な怪我を負ったことが確認された」とのことで、すでに火曜日に手術を受けているという。

これによってシーズンの残りの試合には出場できなくなるものの、来季の開幕に向けたプレシーズンキャンプで復帰できるように取り組みを行っていくとのことだ。

冨安健洋はそれを受け、自身のInstagramを更新。「進化するチャンスと捉えて出来る限りの事をやっていきます」と復活を期していた。

そのコメントに対し、チームメイトのオレクサンドル・ジンチェンコやマルティン・ウーデゴール、ガブリエウ・マルティネリ、ガブリエウ・ジェズスらも反応しているぞ。

またジンチェンコやウーデゴールらは自身のInstagramストーリーで冨安健洋の写真を掲載し、応援のメッセージを送っている。

【関連記事】宮市の復活を待つ!「前十字靭帯の怪我を乗り越えた」スター10名

冨安健洋に加えてウィリアン・サリバも離脱しているアーセナル。今後数週間は最終ラインのメンバー選びに苦戦しそうだと伝えられている。

【厳選Qoly】フランス代表、「EURO2024に出場できない6名の招集漏れスターたち」