日本サッカー協会(JFA)は22日、今月のキリンチャレンジカップ2試合に向けた日本代表メンバー26名の背番号を発表した。

1.大迫敬介
2.菅原由勢
3.橋岡大樹
4.板倉滉
5.バングーナガンデ佳史扶
6.遠藤航
7.中村敬斗
8.堂安律
9.三笘薫
11.久保建英
12.谷晃生
13.守田英正
14.伊東純也
15.鎌田大地
16.町田浩樹
17.田中碧
18.浅野拓磨
19.西村拓真
20.町野修斗
21.上田綺世
22.瀬古歩夢
23.シュミット・ダニエル
24.藤井陽也
25.前田大然
26.伊藤洋輝
27.半田陸

南野拓実が招集されなかったことで注目された10番だが、なんと欠番に。

カタールワールドカップに出場した15名は全員同じ番号を継続しており、抜けた選手のところに新規メンバーが入った形となる。

バングーナガンデ佳史扶は長友佑都の5番、藤井陽也は相馬勇紀の24番と、それぞれ所属クラブでつながりのある選手の番号をつける。

【関連記事】「背番号10をやめた」10人のスター選手

森保一監督率いる日本代表は、24日に東京・国立競技場でウルグアイと、28日に大阪・ヨドコウ桜スタジアムでコロンビアと対戦する。

【厳選Qoly】U-23日本代表、パリ五輪でのメダル獲得を左右する「キープレーヤー」5名