セルティックで活躍を続ける旗手怜央だが、先日発表された日本代表メンバーには招集されなかった。

ハイバーニアン戦でその旗手にアクシデントが発生。前半13分で負傷交代を余儀なくされたのだ。旗手はユニフォームで顔を覆ったままピッチを去っている。

セルティックが3-1で逆転勝利した試合後、アンジェ・ポステコグルー監督は「前半はレオを失ったことでさらに混乱し、自分たちの力を発揮できなかった。まだメディカルチームとは話していない。(代表ウィークで)数週間は試合がないのが助けになればいい。早い時間帯で彼を失ったのは残念だった、彼は我々がやることにおいて大きな役割を担っているからね」とコメント。

【関連】代表監督や代表チームとケンカ別れした7人のスター

現地メディアでは、もしハムストリングを完全に引き裂いていた場合、数か月の離脱を余儀なくされうるとその状態を心配している。

【厳選Qoly】2024年、ヨーロッパで「優勝タイトルを獲得した日本人選手」15名

日本人がケチャドバ!海外日本人選手の最新ゴールはこちら