フランクフルトでプレーする日本代表MF鎌田大地。

ブンデスリーガでトッププレイヤーのひとりとなった彼は契約が今季限りとなっており、ステップアップが期待されている。

今季、リヴァプールからバイエルン・ミュンヘンに移籍したセネガル代表FWサディオ・マネもその活躍に驚かされたようだ。『Sport Bild』のインタビューでこう話していたそう。

「リヴァプール退団を決意した時、行きたいのはバイエルンとブンデスリーガだけだった。

ザルツブルク時代からブンデスについては知っていたし、当時はプレミアリーグを見ておらず、ブンデスを見ていた。当時のバイエルンはとても魅力的だったんだ。

(ブンデスはプレミアに移籍する選手を育成するリーグだという声もあるが)

自分は違う見方をしている。プレミアリーグの元チームメイトからも違った感想を聞いているよ。

すぐにプレミアリーグの選手がもっと多くブンデスに来るはずだ。

プレミアリーグのほうがタフでフィジカルだとよく言われる。多くの人がそう考えている。

ここのピッチで気付かされたよ。『Wow!ブンデスの選手は本当に強いぞ』ってね。少なくともブンデスリーガはプレミアリーグと同じくらいフィジカルだよ。

さらに、ハイプレッシングをするチームも多い。自分は本当に楽しんでいる。自分の選択にもバイエルンに着たことにも満足しているよ。

バイエルン以外にも並外れた選手たちがいる。ランダル・コロ・ムアニ、鎌田、クリストフェル・エンクンクらだ。素晴らしい個人技を持つ選手たちだよ」

バイエルン以外で印象的だった選手として、フランクフルトFWコロ・ムアニ、RBライプツィヒFWエンクンク、そして、鎌田を名指ししていた。

【関連】鎌田大地が一緒に闘った「最強チームメイト」ベスト11

鎌田にはリヴァプール、マンチェスター・ユナイテッド、チェルシーなどのプレミアリーグクラブも関心を示しているとされている。

【厳選Qoly】本日韓国戦!小久保玲央ブライアンはなぜベンフィカ「B」でもベンチ外なのか?現地の事情通は「退団の勧め」

日本人がケチャドバ!海外日本人選手の最新ゴールはこちら