先日行われたUEFAチャンピオンズリーグのボルシア・ドルトムント戦で勝利し、準々決勝に駒を進めたチェルシー。

ラヒーム・スターリングとカイ・ハヴァーツがゴールを決める活躍を見せ、このところ批判ばかりを受けているチームにわずかな光明を与えた。

そして試合後、エンソ・フェルナンデスのそばにはピッチに乱入してきた少年ファンが…。

警備員が制止に訪れるなか、エンソ・フェルナンデスは自身のユニフォームをその少年に手渡していたのだ。

『The SUN』によれば、この瞬間についてエンソ・フェルナンデスは以下のように話していたという。

エンソ・フェルナンデス

「少年が僕の元へと走ってきたとき、感動したよ。彼は僕のユニフォームを求めてきた。

それはとても特別な瞬間だったよ。彼は僕に会いに来た。そしてすぐに抱きついてきた。

ファンとの繋がりを強く感じた。彼らと触れ合うのは大好きだ。みんなが僕に与えてくれる信頼は信じられないものだし、まるで故郷にいるように感じるんだ」

【関連記事】日本代表がメッシに勝った!「2010年のアルゼンチン代表伝説スタメン」がこれ

チェルシーはこのあと11日にレスター・シティとのアウェイゲームを戦う。来季のチャンピオンズリーグ出場権獲得に向けて負けられない戦いに挑む。

【厳選Qoly】パリ五輪直前!すでにプロで“違い”を見せている2028年「ロス五輪世代」の日本人5名