マンチェスター・シティでゴールを量産するノルウェー代表FWアーリング・ハーランド。

2021年末にNikeとの契約が終わった後、複数のブランドが争奪戦を繰り広げてきた。

『The Athletic』によれば、1年以上に渡るスパイク戦争は終わりを迎えそうだという。

Nikeがハーランドとの再契約に近づいているそう。その規模は年2000万ポンド(32億円)ほどになる見込みだとか。

【関連】NIKEの契約選手で現役最強ベストイレブンを選んでみた

ハーランドはスパイクの快適さと満足感を重要視しており、14歳から契約していたNikeと再びタッグを組む可能性が高まっているとのこと。

【厳選Qoly】フランス代表、「EURO2024に出場できない6名の招集漏れスターたち」