2017年からプレーするリヴァプールでエースに君臨してきたエジプト代表FWモハメド・サラー。

彼は2014年にチェルシーが引き抜くも、ブルーズでは19試合にしか起用されなかった。

『Record』によれば、チェルシーでチームメイトだった元ナイジェリア代表ジョン・オビ・ミケルは、こんな話をしていたそう。

「(ジョゼ・モウリーニョ監督がサラーをハーフタイムに交代させたことがあったが)

サラーはいいプレーができず、モウリーニョは彼を叱責し、ボロボロに切り刻んだ。

(当時のサラーがリヴァプールのエースになると思えたか)

ノーだ。彼は泣いていて、モウリーニョは後半のピッチに彼を戻さなかった。交代させたんだ。

彼を交代させて、『君はいいプレーをしていない、出て行って座るんだ、ピッチには戻らない』と言うのは簡単だっただろう。でも、彼は引き裂いたんだ」

サラーはロッカールームでモウリーニョに叱責され涙を流したことがあったそう。

【関連】 「モウリーニョと喧嘩別れした7人のスター」

チームメイトから見ても、かなり厳しい仕打ちだと感じたようだ。

【厳選Qoly】U-23日本代表、パリ五輪でのメダル獲得を左右する「キープレーヤー」5名