日本代表としてワールドカップ2大会に出場した内田篤人。DAZNのFOOTBALL TIMEで、同世代の安田理大と語り合った。

昨シーズン限りで引退した安田が、「努力をしなかった」、「ヤンチャをし過ぎた」とプロ生活を振り返ると、内田はこんな話をしていた。

「海外に行って思うのは、サッカーが全てじゃないって思うわけ。

みんなでクラブ行って、お酒飲んで、シーシャ(水たばこ)吸って…。

サッカー選手的にどうなの?って思うかもしれないけど、いやいや人生で考えたら、サッカー プラス お酒、シーシャって楽しいじゃん。

で、明日からもサッカー頑張ろうよっていうのが、どっちかというとオープンだからね、向こうは。

海外のサッカーに行くと人生の原点的なものが見えるかもしれない。

サッカーとしてもそうだけど、人生って何なのってなった時に」

ドイツで長くプレーした内田は海外ではサッカーが全てではないと感じたそう。

【関連】実は喫煙している世界のスター5人

安田もオランダ時代にチームメイトたちと“サバイバルゲーム”に繰り出すこともあったとか。

【厳選Qoly】予選メンバー外も…まだ「パリ五輪行き」があり得る国内の5名

日本人がケチャドバ!海外日本人選手の最新ゴールはこちら