かつて日本代表としてワールドカップにも出場した内田篤人。

現在、U-19・U-20日本代表でロールモデルコーチを務めている。

彼は開幕に向けたJリーグのキャンプを視察しており、DAZNのFOOTBALL TIMEで各チームについての感想を語った。昨季の優勝チームである横浜F・マリノスについては、こう話している。

「マリノスは王者っぽいね。

元気よくやるんだけど、無理に元気よくやってないというか、自然に引き締まった感じがあったね。

強度は高かったです。練習試合は見させてもらったし、何より助っ人外国人が本当に真面目。

たぶん、監督が求めていると思うんだけど。2度追い、3度追いも全然するし。

ミスしても『あぁ…』で終わる外国人選手多くないですか?自分たちが応援しているチームの選手たちどうですか?

マリノスはすぐに切り替えてボール獲りに行って。(それをしないことを?)許さなかった、後ろの日本人選手たちが。

自分たちにも厳しくしてたし、そこらへんの雰囲気はよかったです。

流石に優勝しているチームだなぁと思いました。スタッフの要求も高かったし、ピリッとしてましたね」

2021年途中からケヴィン・マスカット監督が率いているマリノス。

【関連】全部見れちゃう!Jリーグ2023シーズン新ユニフォームまとめ(J1・J2・J3)

外国人選手たちにもハードワークが求められるなど統率性を感じたとのこと。

【厳選Qoly】フランス代表、「EURO2024に出場できない6名の招集漏れスターたち」