かつて日本代表としてワールドカップにも出場した内田篤人。現在、U-19・U-20日本代表でロールモデルコーチを務めている。

彼は開幕に向けたJリーグチームのキャンプを視察しているが、DAZNのFOOTBALL TIMEでこんな話をしていた。

「(資料を見ながら)新しい選手ね。

松木玖生(FC東京)、荒木遼太郎(鹿島アントラーズ)、藤田譲瑠チマ(横浜F・マリノス)、細谷真大(柏レイソル)、中野伸哉(サガン鳥栖)ね…、こういう選手がこれからのJリーグを作っていくと…。

プレーはもちろんだけど、なんか華のある選手になってほしいなぁ。スターっていうか。

W杯が始まる前って普段はサッカーを見ない人は日本代表の選手をほとんど言えなかったと思うんだよね。

それをサッカーはあまり見ないけど名前は知ってるよみたいな選手がこのJリーグの若手から出てくるとおもしろいなぁとは思うんですけども。

ちょっと破天荒ぐらいな感じがいいな、真面目すぎると見ててもある程度想定内の選手になっちゃうから。

若い選手にはよく言うんだけど、あんま真面目すぎないほうが伸びるよって」

サッカーをあまり知らない人達にも認知されるようなスターが出てきてほしいという内田。

【関連】Jリーガーもいる…「最悪のタトゥーを入れた11人のサッカー選手」

真面目一辺倒だと枠に収まってしまうので、枠からはみ出るような破天荒さがあっていいとも感じているようだ。

【厳選Qoly】パリ五輪直前!すでにプロで“違い”を見せている2028年「ロス五輪世代」の日本人5名