ブライトンからベルギー代表レアンドロ・トロサールを獲得したアーセナル。

この夏にはウェストハムのイングランド代表MFデクラン・ライスやレスターのベルギー代表ユーリ・ティーレマンスの獲得も狙っているとされている。

ただ、『Evening Standard』によれば、今季のプレミアリーグ優勝のためにレンタルでの補強も検討しているとか。ターゲットとされているのは、レアル・マドリーのフランス代表MFエドゥアルド・カマヴィンガ。

【関連】サッカー史上最も高額だったレンタル移籍10人(1カ月平均)

20歳の彼は昨季にレアルに加入したが、今季は控えが定位置になっている。アーセナルはこの冬にレンタルでカマヴィンガを引き入れることを検討しているというが、レアルがそれを許すかは定かでないとのこと。

【厳選Qoly】U-23日本代表、パリ五輪でのメダル獲得を左右する「キープレーヤー」5名