アーリング・ハーランドの代役として今季ドルトムントに加入したセバスティアン・アレル。

28歳の彼は昨季アヤックスで大暴れしており、大活躍が期待されていた。

だが、昨年7月に精巣腫瘍と診断されて離脱。その後、2度の手術と4度の化学療法を受けるなど治療に努めてきたが、ついにピッチに戻ってきた。

フォルトゥナ・デュッセルドルフとの練習試合に途中出場したのだ。

試合後、アレルはこう話した。

「もちろん、何だって可能さ。自分のなかには何の制約もない。

制約を与えることができるのは、監督とメディカルスタッフだけ。

22日にプレーするためにベストを尽くすよ」

本人的には何も問題はないと感じているようだ。

【関連】ドルトムントの「お買い得補強選手」ベスト10

ドルトムントは22日のアウクスブルク戦でリーグ戦が再開になるが、アレルのデビューもありえるかもしれない。

【厳選Qoly】フランス代表、「EURO2024に出場できない6名の招集漏れスターたち」