サミュエル・エトー氏が会長を務めているカメルーンサッカー連盟(FECAFOOT)は、「U-17代表チームの21名が年齢詐称疑惑で除外された」と発表した。

中央アフリカサッカー連盟(UNIFFAC)が主催する2023年U-17アフリカネーションズカップ予選(UNIFFACリンベ2023トーナメント)に向け、カメルーンは先日からトレーニングキャンプをスタート。

それに合わせて30名の代表候補選手が全国から招集されていたが、年齢を判別するためのMRI検査を行ったところ、そのうち21名が詐称の疑いが強いとして除外されたとのこと。

カメルーンサッカー連盟

「FECAFOOTは、U-17アフリカネーションズカップに向けたUNIFFACリンベ2023トーナメントの準備の一環としてトレーニングを行っている30名の選手のうち、21名がMRI検査の結果を受けて除外されたことを報告する。

彼らはすでにグループから除外されている。すぐに交換のための措置が取られている。

この措置は、過去にカメルーンのサッカー組織のイメージを悪化させた年齢に関する不正行為に終止符を打つため、サミュエル・エトー会長が与えた厳しい指示の結果である。

FECAFOOTは、すべてのサッカー関係者、特に若年層の指導者に対し、各カテゴリーごとの年齢を尊重するよう要請する」

【関連記事】2022年、世界で最も“価値”が上がった最強ブレイク若手11人

なお、UNIFFACリンベ2023トーナメントは1月7日から12日にかけてカメルーンで行われる予定だ。

【厳選Qoly】2024年Jリーグ、欧州から見た市場価値が最も高い日本人9人

南野がスーパーゴール!海外日本人選手の最新ゴールはこちら