20日から開幕を迎えたFIFAワールドカップ・カタール2022。大会はインターネット配信サービスの『ABEMA』が無料放送している。

そして、そのプログラムで解説者を務めているのが本田圭佑。現役プレーヤーでありながらも日本代表の試合を解説を行っており、その自由なトークが話題になっている。

そんな彼は、6日に行われたラウンド16の試合を受けて、こんなツイートをしていた。

「やっぱスペインはあんまり強くなかった」と書き、コスタリカを相手に7ゴールを決めたチームを評価していなかったことを明かした。

なお、28日の段階ではスペイン代表に対しては以下のように話していた。

【写真】スペイン代表、「W杯落選組ベストイレブン」がすごいぞ

「スペインは思ってた以上に完成度が高い」

やはり試合が進むごとにチームの完成度は変わっていくようだ。

【厳選Qoly】パリ五輪直前!すでにプロで“違い”を見せている2028年「ロス五輪世代」の日本人5名