日本代表がワールドカップの決勝トーナメント1回戦で対戦するクロアチア。

ここでは、『Transfermarkt』による市場価値がクリスティアーノ・ロナウドと同等以上に設定されている選手たちを取り上げてみる。なお、ロナウドの市場価値は2000万ユーロ(28億円)。

25番:ルカ・スチッチ

25番:ルカ・スチッチ

市場価値:2000万ユーロ(28億円)

レッドブル・ザルツブルクに所属する20歳のMF。

南野拓実やアーリング・ハーランドなど数多の選手を輩出してきたザルツブルクに13歳から所属してきた“最新作”だ。

185cmの体躯を持つレフティだが、ルカ・モドリッチをお手本にしてきたそう。

「自分は185cmのMFで、主に8番としてプレーしている。左利きで、プレッシングスタイルのレッドブルで最重要となるランニングはかなりできるよ。フリーキックからも多くのゴールを決めてきた。唯一のお手本はモドリッチ。生で見たことがないので、本当に会ってみたい」と話していたが、2021年に憧れの先輩との対面を果たした。

日向坂46の影山優佳さんが同世代のなかで推している選手でもある。