FIFAワールドカップ・カタール2022で日本に敗れたドイツ代表。

昨日行われたスペインとの第2節は1-1の引き分けという結果だった。

そうしたなか、『Sportbuzzer』などドイツメディアによれば、FIFAはドイツサッカー連盟(DFB)の記者会見を調査しているという。

スペイン戦前に行われた会見に現われたのはハンジ・フリック監督だけで選手の姿はなかった。

FIFAが定めるW杯規則では、前日会見には監督だけでなく選手1名も出席することが義務付けられている。そのルールに違反した疑いで調査が行われているという。

【関連】W杯ドイツ代表、実は日本人とチームメイトだったスター選手まとめ

フリック監督は、カタール北部に位置するドイツ代表の拠点からドーハまで100キロ以上も移動することを理由に挙げており、選手がキックオフ30時間前に長距離を移動するのは不合理だと述べていた。

そのため、ドイツは練習場の隣にあるDFBメディアホテルで会見を行いたい構えだったが、これはFIFAが許可しなかった。