37歳になったポルトガル代表FWクリスティアーノ・ロナウドは、史上初となるワールドカップ5大会連続ゴールを決めた。

そのガーナ戦では、こんなシーンも話題になっている。

プレー中にショーツのなかから何かを取り出すとそれを食べていたのだ。これは一体…。

一部では、栄養補給のためのクッキーのようなものではないかと伝えられた。

【関連】「タトゥーを入れていないサッカー界最強のスター10人」

ただ、『Record』によれば、ポルトガルサッカー連盟は「チューインガム」と説明したそう。