FIFAワールドカップグループB第2節、イランはウェールズ戦に0-2で勝利した。

後半41分にウェールズGKウェイン・ヘネシーが一発退場(GKの一発レッドはW杯史上3人目)。

その後、後半アディショナルタイムにイランが2ゴールを奪って、歴史的勝利を掴み取った。

イランがW杯で欧州チームに勝つのは史上初。2点目のゴールが決まった際のイランベンチの様子が話題になっている。

ベンチに下がっていたサンダル・アズムンが歓喜を爆発させると、カルロス・ケイロス監督の首を絞めちゃう!

イランメディアは「心温まるシーン。勝利に圧倒されたアズムンはW杯史上最も美しい幸福の瞬間を生み出した」とこのシーンについて伝えていた。

【関連】 日本代表の順位がすごい!海外サイトが選ぶ「2022W杯最強ユニフォーム11着」

初戦ではイングランドに6-2と大敗したイランは、国内の政治情勢が不安定になっており、選手たちはプレッシャーも感じていたはず。

試合後、ケイロス監督は「我々は素晴らしい個性をもってプレーした。一体感と団結力だ。選手にははっきりと伝えた。サッカーは様々な瞬間があるスポーツだと。勝つとか負けるとかではない。時に尊厳や名誉を失うこともあるということだ。初戦ではプライドをズタズタにされた。この試合は立ち直るチャンス、信頼性を取り戻すチャンス、自分たちの魂や心にあるサッカーを見せつけるチャンスだった。この試合はイランファンへの贈り物だ」と喜びを口にしていた。