ワールドカップ第2戦で日本代表と対戦するコスタリカ。スペインとの初戦では7-0で歴史的大敗を喫した。

チームを率いるルイス・フェルナンド・スアレス監督は後半に笑っている様子があったようで、現地では話題になっている。

ただ、『ESPN』によれば、DFケンダル・ワストンはこう述べたそう。

ケンダル・ワストン(コスタリカ代表DF)

「(後半にスアレス監督が笑っていたシーンをどう思うか?)

彼がおもしろがっていたということではない。彼は代表チームにものすごくコミットしている監督だからね。

(3-0で迎えた)ハーフタイムに彼がどれほど怒っていたかを知らないだろう。現実を知らないで物を言うのは支離滅裂だ。

(スペイン戦でチーム内に自己批判はあるか)

ものすごく長い夜だった。もう二度と起きて欲しくないし、コスタリカのイメージに反映させたくない。我々にはあれ以上のものがある」

笑うシーンがあったスアレス監督だが、ハーフタイムには激怒していたとか。

【関連】2022W杯日本代表、ガチで世界を驚かせうる5人の選手

日本戦ではプライドをかけて挑んでくるはずだ。